化粧下地を使ってみる

化粧下地は一般的にクリームタイプのものやリキッドタイプのものがおおいですが、
どちらも大抵の場合は薄く伸ばす程度の少量でOKという感じです。

化粧下地を塗らずに化粧水の後にすぐファンデーションを塗ると、
メイクが毛穴に入ってしまって取り除くのが大変になることがあります。
こういったことを防ぐのもあって化粧下地を塗る意味が生じてきます。

また敏感肌や乾燥肌の人にも使える化粧下地もたくさんあるので、
自分の肌の状態にあったものを選ぶようにしましょう。

それと化粧下地にはいろいろと使い方があるので
しっかりとポイントを抑えて一番効果的な使い方をマスターすることも大切です。

例えば、毛穴を引き締めてから使うとか、適量をひと肌に温めてから伸ばすとか、
化粧崩れの原因とならないようしっかりと馴染ませるといったことなどを
守ることで化粧下地の効果をより感じられるようになります。

化粧下地は化粧ノリをよくするためだけのものでは無く、
肌を保護したり、スキンケア機能もあるものもありますので、
しっかりと自分が使うのに欲しいポイントを掴んで選ぶようにしてください。

シルキーカバーオイルブロック