なかなか腐らないリンゴがある

エイジングケアのサイトをいろいろ見て回ってると
とあるジェルの商品詳細ページで、
なかなか腐らないリンゴというものがあるのを知りました。

この記事を読んでいる方でご存知の方はいるのかな?
なんて考えつつこの記事を書いています。

そのページを読んでみると事実あるようですね。
そのリンゴはウトビラー・スパトラウバーという種類です。
原産はスイスで18世紀の冷蔵庫とかがない時代に
長期に保存できるようにと品種改良を重ねた結果、
生まれた西洋リンゴの一種だそうです。

でも、酸味が強すぎることから食用としては人気がなく、
徐々に市場からいなくなっていき、
現在では絶滅危惧種に認定されてるそうです。
このリンゴの木、今ではたった20本しかないそうですよ。

そのジェルのサイトでウトビラー・スパトラウバーの
4か月後の写真が載っていましたが、
全く腐るような様子は見られませんでした。
比較として横におかれた普通のリンゴはしわしわでした。

世の中にはとんでもないものがあるものですね。